白髪染め ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントのメリット・デメリットについて解説したページです。

ヘアカラーと比較して、ヘアカラートリートメントの良いところと悪いところは?

白髪は30代後半くらいから増えてくる人が多いようです。白髪があるだけで老けた印象になってしまい、「何とかしたい!」と思いますよね。白髪染めヘアカラーやヘアカラートリートメントを使うと、白髪が目立たなくなって嬉しいものです。

ヘアカラーは髪の毛の色素を一旦抜いてから色素を入れるため、髪の毛や頭皮にとても負担がかかります。また強い薬剤が入っているため、アレルギーを起こしやすかったり、発がん性もあったりと、あまり頻繁に使うのはお薦めできません。

ヘアカラートリートメントはヘアカラーに比べて刺激が少ないのが長所です。普段使いにはヘアカラートリートメントを使うと良いでしょう。

ドラッグストアやスーパー、ネットなどでも、色々なヘアカラートリートメントを売っています。サスティの利尻ヘアカラートリートメントやテンスター、サロンドプロ、レフィーネ、ルプルプ、ピュアリッチパーフェクトなどのヘアカラートリートメントが良く知られているのではないでしょうか。

ヘアカラートリートメントも、なるべく刺激の少ない天然素材のものを選ぶと良いでしょう。 ヘアカラーは独特のツンとした刺激臭があるので苦手な人も多いと思いますが、ヘアカラートリートメントには刺激臭がないのも長所といえるでしょう。

ヘアカラーが髪の毛の内部に色素を入れるのに対し、ヘアカラートリートメントは髪の表面に色をつけます。ですので、どうしてもシャンプーの度に色が落ちてしまうのがヘアカラートリートメントの欠点です。タオルドライする時もタオルに色がついてしまう恐れがあるので、汚れても良いタオルを使うと良いでしょう。